メニュー

  • コミック
  • エッセイ
  • 小説
  • 写真集
  • 絵本
  • DVD
  • その他

トラックバック

« 猫の話 | トップページ | 秋の猫 »

2006年1月 5日 (木)

ポテト・スープが大好きな猫

ポテト・スープが大好きな猫

いつもの場所に、いつものように、愛猫がいる幸せ。

T. ファリッシュ (著), B. ルーツ (イラスト), 村上 春樹 (翻訳)
価格: ¥1,785 (税込)
出版社: 講談社

 アメリカの田舎に住むおじいさんと、おじいさんが作るポテトスープが大好きな猫の日常を描いた絵本。2人は必要以上にお互いを意識することはないのだけど(いや、おじいさんは猫のことを常に意識しているかも)、一緒に釣りに行ったりするような間柄。しかし、ある日を境に猫が姿を見せなくなる……。

 大判のページをめくるたびに柔らかな色使いとタッチに魅了された。「ああ、絵本もいいもんだなぁ」と痛感。文章を読まなくても、アメリカの長閑な風景が広がるこの絵を見ているだけで穏やかな気持ちになってくる。

 村上春樹の翻訳もいい。個人的に絵本の文章は短いほどいいと思っているので、そういった面でもこの本は、「絵」と「文章」のバランスが取れていると思う。(それにしても、絵本の翻訳って難しいんじゃないだろうか? 文章がでしゃばり過ぎると、せっかくの「絵」が台無しになってしまう……。)余談だが、村上春樹のあとがきも楽しめる。

 読み終えた時、最近の自分の愛猫に対してだけでなく、親しい人全てに対する言動を思い返した。う〜ん……。

 猫が好きなのはポテトスープなのか? それとも……。

 オビにあるように、プレゼントに最適の一冊。

(URA EVO)


amazon.co.jpで買う

絵本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック



この記事へのトラックバック一覧です:
ポテト・スープが大好きな猫:

コメント

コメント書く