メニュー

  • コミック
  • エッセイ
  • 小説
  • 写真集
  • 絵本
  • DVD
  • その他

トラックバック

« まかふしぎ・猫の犬 | トップページ | 愛しのチロ »

2006年1月23日 (月)

女いっぴき猫ふたり

女いっぴき猫ふたり

ネコ界のあるある探検隊!

著者:伊藤理佐
価格: ¥680(税込)
出版社: 双葉社

猫を伸ばしてみたくなる。寝室から追い出したのに、目が覚めるといつの間にか布団に潜りこんでいる。猫が2匹くっついていると、その隙間にチョップしたくなる。たまに変なあだ名をつけたくなる。…さて、何個当てはまりましたか?ってか、ぜんぶ「わかる〜その気持ちっ!」でしょ。そんな“あるあるネタ”が満載のこの一冊、主人公はもちろん伊藤理佐と2匹の愛猫達。

ワケあって(その理由は本書参照あれ!)一戸建てに猫2匹と暮らしている作者の日常は、共感できる要素たっぷり。猫ネタがメインだけど、部屋が片付けられない事や、実家の主役の座を産まれたばかりの甥に奪われた事や、ご近所問題などなど、誰の身に降りかかってもおかしくない身近なネタも盛りだくさん!ここまで等身大の内容だと、ついつい伊藤さん家にお邪魔したくなっちゃいます。

本人曰く、このマンガは“かなりゆるゆる”な一冊だそう。一見、「わたしにも書けんじゃないの?」的な勘違いをしてしまいそうだけど、そう思わせておいて絶対マネできないトコロが伊藤理佐の底力。ノンフィクションの猫マンガはついつい親バカ的要素が過多になってしまって、当の読者はちょい冷め気味…なんてことに陥りがち。でも、このマンガは共感しつつしっかり笑わせてくれるんです!しかも、かなり爆笑。声を出して笑っちゃうから、電車で読む時はお気をつけ下さいませ!
(竹田むつこ)

amazon.co.jpで買う

コミック | | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック



この記事へのトラックバック一覧です:
女いっぴき猫ふたり:

コメント

コメント書く