メニュー

  • コミック
  • エッセイ
  • 小説
  • 写真集
  • 絵本
  • DVD
  • その他

トラックバック

« 秋の猫 | トップページ | ヨーロッパを旅してしまった猫のはなし »

2006年1月 5日 (木)

きょうの猫村さん

きょうの猫村さん

猫にふりまわされるワタクシ。

ほし よりこ (著)
価格: ¥1,200 (税込)
コミック: 261 p ; サイズ(cm): 21
出版社: マガジンハウス ; ISBN: 4838715951 ; 1 巻 (2005/07/14)

読んでいると、ネット上で毎日1コマずつ掲載という特殊な条件によって生み出された、独特な間に引き込まれます。そして、この濃密なマンガを支配する主人公が猫村さん。今後、ストーリーがどの方向に向かっていくか見当もつきませんが、実のところ、それはあんまり重要ではありません。猫村さんが動き回っている、ってのが重要なんです。このマンガの元ネタになっている「家政婦は見た」が、ストーリーより市原悦子そのものが重要だったのと同じです。
だからこのマンガの鑑賞方法も「家政婦は見た」と同じように、寝転がって、適当に読むといい感じです。真剣なマンガ読みは遠慮したほうがいいですね。「家政婦は見た」を真剣に見たってしょうがないでしょ。(加藤)

amazon.co.jpで買う

コミック | | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック



この記事へのトラックバック一覧です:
きょうの猫村さん:

コメント

コメント書く