メニュー

  • コミック
  • エッセイ
  • 小説
  • 写真集
  • 絵本
  • DVD
  • その他

トラックバック

« 猫、ただいま留守番中 | トップページ | 女いっぴき猫ふたり »

2006年1月23日 (月)

まかふしぎ・猫の犬

まかふしぎ・猫の犬

猫とだって、一緒に外を散歩できるんだ!

著者:出久根達郎
価格: ¥1575 (税込)
出版社: 河出書房新社

散歩に対する憧れ。猫派のあなたなら一度はかならず思い描いたことがあるはず。犬のように一緒に散歩がしたい。オープンカフェで飼い猫と一緒にお茶がしたい!でも、ゴーイングマイウェイな猫ちゃんがそれを許してくれるはずも無く…。

この本は、古書店を営む文筆家、出久根達郎のエッセイ集。本のタイトルにもなっているこの一編の物語は、作者の知人が主人公。引き取り手のいない猫を飼い始めた老夫婦が、猫の度々の脱走に頭を悩ませ、やむ無く首輪をつけて外に散歩に連れて行くというお話。
自由奔放な猫にリードを!?そりゃ嫌がるでしょ…と思いきや、猫は大満足。時間がくると自分でリードをくわえて散歩をせがむのだそう!近所の犬達はびっくりして、猫のように目を丸くし、道行く人は「犬ですか?」なんて聞く始末。聞かれた猫は調子よく、太いシッポを持ち上げてプルプルと震え、当の飼い主も「犬ですよ」なんて答えてみたり。

「そうか、猫とだって一緒に散歩できるんだ!」そう思った私は、とりあえずリードは無いのでコートの中から猫をしっかり抱きかかえ、コンビニまでプチ散歩に行ってみました。結果は…まぁ、惨敗。そりゃそうだ、外に出たことは無いに等しい“箱入り娘”だもの。終始ブルブル震えて不安そうな顔。外の世界を見せてあげたいなんて母心は猫にとっては迷惑千万!ごめんね…。でも、今度リード買ったらまた散歩に行ってくれるかな?
(竹田むつこ)

amazon.co.jpで買う

エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック



この記事へのトラックバック一覧です:
まかふしぎ・猫の犬:

コメント

コメント書く