メニュー

  • コミック
  • エッセイ
  • 小説
  • 写真集
  • 絵本
  • DVD
  • その他

トラックバック

« 猫は七面鳥とおしゃべりする | トップページ | うちのネコが訴えられました!? »

2006年9月25日 (月)

猫本

猫本

マイケルよ永遠に…!

価格:¥460(税込)
出版社:講談社

ちょっとイイナって想っている人がいたとして、その人が猫派だったりなんかすると、もっと好きになっちゃいません?それはマンガも然り。好きなマンガ家が猫派だって分かったとたん、その人の作品がも〜っと好きになってしまう。これはまさにそんなマンガ!諸星大二郎先生(ここはあえて先生で)がネコ好きだったなんて知りませんでしたっ!

諸星大二郎、伊藤理佐、業田良家、近藤ようこ、萩尾望都、山下和美、やまだないと、小林まこと、こなみかなた、小林賢太郎(ラーメンズ)etc…全員の名前を書ききれませんが、この豪華ラインナップをみるだけでヨダレもの。ネコ好きという共通点がなければ決して実現することなんて無かっただろう人選。これぞ「友達の輪」ならぬ「猫好きの輪」!

正直、小林まことの作品を読むのは小学校のときに読んだ「What's Michael?」以来でした。当時はネコも飼っていなかったし、あの独特な絵柄が苦手で敬遠していました。
……でも、なんて面白いんだ!時を経て今ごろこの魅力に気づくなんて、わたしはネコ好き失格だ!小林まこと大先生、ごめんなさいっ。ネコの表情、動き、それを取り巻く人々。どこか哀愁が漂って、感動すら覚えます。本誌には「What's Michael?」4篇が収録されているので、一読の価値あり!もちろん他の作品も読み応えあり。どこから読んでもメインディッシュ。これはネコマンガ界の幕の内弁当だっ!って言いすぎかしら?


(竹田)


  

amazon.co.jpで買う

コミック | | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック



この記事へのトラックバック一覧です:
猫本:

コメント

コメント書く