メニュー

  • コミック
  • エッセイ
  • 小説
  • 写真集
  • 絵本
  • DVD
  • その他

トラックバック

« ネコの住所録 | トップページ | 猫は魔術師 »

2008年10月31日 (金)

猫と薔薇の日々

猫と薔薇の日々

圧巻の超多頭飼い12匹+αの日々!

著者:松苗あけみ
価格:¥600(税別)
出版社:講談社

 

 

「純情クレイジーフルーツ」の松苗あけみ先生による、猫エッセイコミックです。一戸建ての購入を機に、2匹のアメリカンショートヘアを飼い始めてから、本の中盤まで1話ごとに猫が増えていくという、恐ろしいまでの超多頭飼いが続きます。特に後半の出産ラッシュは、大変なことに…。

このコミックのポイントは、大島弓子先生(「綿の国星」!)以来の伝統である猫耳擬人化。登場する猫たちが、いかにもな人物に擬人化されているのが面白いです。特に、子猫を産ませようとしていた猫が、脱走して帰ってくると、すっかりあばずれになっているくだりは爆笑ものです。
猫が人間以上に人間らしいツッコミをいれたり、作者の観察眼は冷静なのに、猫を新たに飼うときの作者が冷静でないという、実に不思議な作品です。

 

(加藤)

 

amazon.co.jpで買う

コミック | | コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック



この記事へのトラックバック一覧です:
猫と薔薇の日々:

コメント

松苗あけみ先生のファンだし猫なので買いました。
確かに外に脱走してあばずれになってる絵は爆笑でした。

投稿: たろさん | 2008/11/01 12:02:40

ナーゴにみえてしまう・・・

投稿: とみとみ | 2008/11/05 23:44:59

コメント書く