メニュー

  • コミック
  • エッセイ
  • 小説
  • 写真集
  • 絵本
  • DVD
  • その他

トラックバック

« 夏への扉 | トップページ | 猫と薔薇の日々 »

2008年10月 6日 (月)

ネコの住所録

ネコの住所録

群と猫との距離感が絶妙! ぜひ! ぜひ読んでください!!

著者:群ようこ
価格:¥470(税込)
出版社:文藝春秋

 

 

毎月一冊、「猫と読書」用に猫関連の本を読むのですが、これがなかなか大変、でも楽しかったりします。仕事がら本屋にはよく行くのですが、最近は本当にいろんな猫本があります。「今月はどうしようかなぁ」と思っていたところ、古本屋で本書を見つけました。僕にとっては初めての群作品。軽い気持ちで購入したのですが……。

本書は動物との出会いや関わりを描いたエッセイ。収録作品の約半分が猫で、約半分が猫以外の動物です。

これが非常におもしろい! 本当におもしろい! なんでこんなにおもしろいんだろう、と考えたら、それはやはり群と動物との距離感ではないか? と思うのです。群は動物(猫)にちょっかいをだしたり、変な名前をつけたり、勝手に怒ったり、笑ったり、呆れたり、関心したり、心配したりするのですが、そのどれもが一歩ひいた視線で描かれています。この「一歩ひいた感」が、なんとも心地いいのです。特に猫と群の母親とやりとりは、漫才のようで最高です。本書の陰の主役は、この群の母親と言ってもいいでしょう。

調べてみると、群作品には猫関連の本が多いようです。これから、読むのが楽しみです。

 

(URA EVO)

 

amazon.co.jpで買う

エッセイ | | コメント (3) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189315/42700624


この記事へのトラックバック一覧です:
ネコの住所録:

コメント

群さんのネコ&動物本かなり好きです
「トラちゃん」なんか感動ものですよーっ
ぜひ読んでみてください

投稿: koko | 2008/10/06 9:43:05

群さんご自身が猫を飼っていらっしゃるので
猫本はオススメです。
「トラちゃん」も「ビーの話」も「おかめなふたり」もいいですよ。

投稿: moko | 2008/10/06 22:47:32

群さんの本はkokoさん、mokoさんも書かれていますが、「トラちゃん」を筆頭に「ビーの話」は最高に楽しく読める本です。猫好きにはたまりません。
今読んでいるのは「パンチパーマの猫」です。

投稿: amirin | 2008/10/06 23:59:07

コメント書く