メニュー

  • コミック
  • エッセイ
  • 小説
  • 写真集
  • 絵本
  • DVD
  • その他

トラックバック

« 帰って来た猫ストーカー | トップページ | グーグーだって猫である »

2009年1月27日 (火)

ねこは猫の夢を見る

ねこは猫の夢を見る

いろいろな視点で描かれた猫絵と猫詩

監修:『ねこ新聞』編集部
価格:¥1,680(税込)
出版社:竹書房

 

「ねこ新聞」をご存じですか?
世界で唯一の猫を題材としたタブロイドサイズの文学紙で、なんと通算100号を数えます。毎号表紙で猫の詩や俳句などの文学作品と猫の絵を組み合わせて掲載しており、この本はその表紙から32の組み合わせをセレクトしています。

 

選ばれている詩や文章は宮沢賢治や石川啄木、野口雨情、絵は和田誠やいわさきちひろ、竹久夢二など幅広く、眺めているだけも楽しい一冊です。
面白いのが、作者の猫を見る視点が、それぞれ異なっていること。寂しそうな風景を見る人がいれば、一方でいたずら猫を見る人もいます。
絵も人に抱かれる猫であったり、じっと見つめてくる猫であったり。猫という動物に変わりはないのに、まったく違います。そこから、作者たちの猫のつきあい方の違いが垣間見え、猫の面白さだったり、可愛さだったりを改めて認識することに。
薄いのに、たっぷりと猫を想わせる一冊でした。

 

(加藤)

 

amazon.co.jpで買う

絵本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック



この記事へのトラックバック一覧です:
ねこは猫の夢を見る:

コメント

コメント書く