メニュー

  • コミック
  • エッセイ
  • 小説
  • 写真集
  • 絵本
  • DVD
  • その他

トラックバック

« けものとチャット(4) | トップページ | STREET CATS ~のらねこ。写真集 »

2009年5月18日 (月)

もういちど逢いたい猫

もういちど逢いたい猫

猫の本音に新米ママ、反省

著者:岩館真理子
価格:\550(税込)
出版社:小学館



岩館真理子さんの新刊、しかも猫本ということで迷わず購入したのですが、他の『flowers』連載人も多数掲載&物語の半数以上は猫以外の動物の話…。がっかりしたのが正直な気持ちですが、でもさすが!岩館真理子さんのお話は面白い。『ドララララ(計4話)』が読めただけでも満足といっても過言ではありません。


物語は、ブサイクな猫を飼う「あけみ」とデブ猫を飼う「ツネオ」の、出会い→結婚→出産→子供の成長までが猫たちの目線で描かれたお話。その内容が、まさに結婚から出産を経験した今の自分とリンクしていて面白い!


子供が産まれてからというもの、抱っこするのも話しかけるのも我が子ばかり。そんなとき猫たちは「赤ん坊が産まれる前はあの賛美の言葉はすべてあたしたちのものだったのにね」と遠い眼で語り合ったり、「ベタベタされるのは苦手だからラクでいいさ」といじけてみたり。あぁ、うちの猫たちもこう思っているんだろうなぁ。なんて言葉がてんこ盛り。身につまされます…。


とはいえ最後にはわんぱくに成長した子供に騒々しく抱きつかれ、わずらわしいと思いつつも“こんな生活も悪くないな”と幸せを感じる猫たち。我が家の猫たちもこうであって欲しいなぁ。続編がぜひ読みたいので、『ドララララ』だけで単行本化してください!



(竹田)

amazon.co.jpで買う

コミック | | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック



この記事へのトラックバック一覧です:
もういちど逢いたい猫:

コメント

コメント書く