メニュー

  • コミック
  • エッセイ
  • 小説
  • 写真集
  • 絵本
  • DVD
  • その他

トラックバック

« くるねこ丼 | トップページ | 好きのカタチ »

2009年11月22日 (日)

レオくん

レオくん

40周年記念ってことで

著者:萩尾望都

定価:¥420
出版社:小学館

漫画界の巨匠・萩尾望都の新刊はなんと猫マンガ!こりゃ読まないわけにはいかないでしょ。ってことで、すぐさま購読。率直な感想としては、うーん、デビュー40周年のメモリアル?思い出作り?

主人公のレオくんは、人間の世界で普通に人間のように暮らす猫。学校に通ったり、漫画家のアシスタントになったりetc。とはいえ、授業中に外へ飛び出し砂を掘ってオシッコをするなど、行動は猫そのまま。ゆえに人間界になかなか馴染めず落ち込み、そのたびに飼い主のママに慰めてもらう。といった、いわゆるゆるーいギャグタッチ。……うん、かなりユルイです。

あまりにもドジで無垢なレオくんに感情移入できないこともしばしば。だって猫はもっと気高く生意気であって欲しいじゃないですか。ツンデレ猫であって欲しいのに、レオくんはデレデレ猫。我が猫を愛しすぎるゆえ、作者にはこう見えるんでしょうね。

これがあの「残酷な神が支配する」を描いた作者?と最初はとまどってしまいましたが、気負いゼロで読めるので、これはこれでアリ……かな?もう一度過去の名作を読み返したくなりました。

(竹田)

amazon.co.jpで買う

コミック | | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック



この記事へのトラックバック一覧です:
レオくん:

コメント

コメント書く