メニュー

  • コミック
  • エッセイ
  • 小説
  • 写真集
  • 絵本
  • DVD
  • その他

トラックバック

« 好きのカタチ | トップページ | のりたまと煙突 »

2009年12月15日 (火)

クレロンの猫アクセ

クレロンの猫アクセ

アクセで表す猫への愛。

著者:後藤有紀

定価:¥1,470
出版社:飛鳥新社


クレルとロンロン、愛猫2匹の為に作られた手作りアクセサリーの数々を日々のオフショットと共に掲載した「猫アクセ本」。アクセサリーの本なのに、表紙は口元のドアップ。この角度、このムクムク感、なかなかツボを押さえてますね~。


ビーズや革紐やチャームなどで作られた首輪は、自分用にブレスレットにしたいほどのクオリティの高さ(実際、自分用にできます)。でも、こんなにボンボンが付いていたり大きなモチーフがぶら下ってたりして、猫は嫌がらないのかしら……?
と心配したのもつかの間、普段は裸猫で、首輪をつけるのはちょっとおめかし気分の時だけ。人間でいうところの“自宅ファッションショー”でしょうか。猫たちもその特別感が嬉しいらしく、喜んで首輪をつけるのだそう。オシャレさんだなー。


著者曰く、これらのアクセサリーを作ることで猫へ「大好きだよ」という気持ちを伝えているのだそう。アクセサリーからはもちろん、日常の何気ないまどろみの写真からも、猫への愛情がたっぷりと感じられます。
我が家の猫たちも私の手作りの首輪(蝶ネクタイ)を付けているのですが、もうかれこれ3年以上同じモノ。この本のアクセサリーほどクオリティの高いものは作れませんが、そろそろ新調してみようかしら♪

(竹田)

amazon.co.jpで買う

写真集 | | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック



この記事へのトラックバック一覧です:
クレロンの猫アクセ:

コメント

コメント書く