メニュー

  • コミック
  • エッセイ
  • 小説
  • 写真集
  • 絵本
  • DVD
  • その他

トラックバック

« 猫カフェ「きゃりこ」日記 | トップページ | そっとネコボケ »

2011年1月30日 (日)

木曜日のフルット1

木曜日のフルット1

ゆる~い猫マンガをお求めの貴兄に

著者:石黒正数

定価:¥419
出版社:秋田書店

半野良猫のフルットと、その飼い主の鯨井先輩が繰り広げる、ゆる~いギャグマンガです。フルットは猫のくせに、運動神経が悪く、理屈屋で要領も悪い、ダメな猫。鯨井先輩は意地っ張りでギャンブル好きで、しかも無職。片方の主人公は人間ですが、ほとんど猫と変わらない性格、暮らしぶり。落ちこぼれ気味の猫と、猫並みの人間のダメッぷりを、温かい目で見守るのが正しい読み方です。猫の可愛さを期待すると裏切られます。ときどき、どちらも登場しない回がありますが、あまり気にしないのも大事です。


巻末には一言解説&索引があります。一言解説でオチまで書いてあったり、まったく意味不明なところも、このマンガらしいところです。あと、鯨井先輩が発明した、鯨井風汁なし麺は、意外とおいしいです。


ちなみに、発売日の前日に買いに走ったほど、連載開始時からのファンです。毎週2ページという短い連載が、ようやく1冊にまとまりました。長かった……。ちなみに、木曜日というのは、掲載誌の少年チャンピオンの発売日にちなんでおります。同じ作者の「それでも町は廻っている」のようにアニメにならないかな……。
あ、重版できたそうなので、そろそろまた店頭に並ぶと思います。


(加藤)

amazon.co.jpで買う

コミック | | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック



この記事へのトラックバック一覧です:
木曜日のフルット1:

コメント

コメント書く