メニュー

  • コミック
  • エッセイ
  • 小説
  • 写真集
  • 絵本
  • DVD
  • その他

トラックバック

« ねこできちゃった! | トップページ | 作ってあげたい 猫の首輪 »

2011年7月15日 (金)

ミュージシャンと猫

ミュージシャンと猫

「音楽と猫」は幸せのタッグチーム。


著者:佐々木夏美 三浦麻旅子

定価:¥1.680
出版社:ブルース・インターアクションズ



 好きな音楽をかけてお酒(あるいはコーヒー)を飲みながら本を読む。そんな時、そばに愛猫がいてくれたら、こんな幸せはありません。


 本書は猫と暮らす(暮らしていた)ミュージシャンへのインタビュー集。ステージ上ではクールに見えるミュージシャンの猫への溺愛ぶりが微笑ましい。「作家と猫」といった本はみかけるが、ありそうでなかった「ミュージシャンと猫」。多くの作家が一緒に暮らす猫に影響されて作品を執筆したように、猫との暮らしを唄にしたミュージシャンも数多いということを本書で知った。


 日常を切りとったような写真も素晴らしいが、撮影は大変だったろうな。警戒心の強い猫の撮影は本当に難しかったはず。


 個人的に残念だったのは自分が聴いているミュージシャンが少なかったこと。本書はその音楽を知っていないと楽しみが半減する。でも。この本から、その人の音楽に興味をもって聴きだすという逆パターンもあり。事実、僕はそうしてます。



 キース・リチャーズが「ロックンローラーは猫だ」と発言していたなんて、知らなかったな。


(URA EVO)



amazon.co.jpで買う

エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック



この記事へのトラックバック一覧です:
ミュージシャンと猫:

コメント

コメント書く