須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月25日 (金)

第7回 ひき肉豆ちゃごはん

 

今回は、実際に猫のごはんを手作りします。誰でも簡単に作れるので、ぜひ試してみてください。

 

 

材料
・ひき肉
・煮豆
ボイルされたもの。甘くないもの。
・かぼちゃ
あらかじめ茹でておく。レンジは甘みがなくなるのでお湯で茹でてください。

 

調理方法
1.ひき肉と野菜の比率を 8:2 ~ 6:4 にわける。
2.野菜をつぶして、ひき肉と混ぜ合わせる。

最初のうちは、ひき肉の割合を高めにしておきましょう。

 

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

→ 受付はこちら

 

Ch4 簡単!猫レシピ |

2008年7月18日 (金)

第6回 はじめての猫マッサージ

 

 

今回は、はじめて猫にマッサージする上で、大事なことについて解説します。
一番大事なのは、大切に思う気持ち。お互いにリラックスできるマッサージを心がけましょう。

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

→ 受付はこちら

 

Ch3 試して!猫マッサージ |

2008年7月11日 (金)

第5回 野良猫を拾ったら

 

今回は、野良猫を拾ったらどうすればいいのか、について解説します。

 

野良猫は、病原体に感染しているのが普通です。家の中に連れて行くと、いままで頑張って体が抵抗していたのに、ストレスから体調を崩してしまうことがあります。また、呼吸器系に病原菌がいると、飼い主さんに感染してしまうこともあります。
まずは相性のいい動物病院を探すことから始めましょう。

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

→ 受付はこちら

 

Ch2 お答え!猫Q&A |

2008年7月 4日 (金)

第4回 手作り猫ごはんのススメ

 

今回は、猫の手作りごはんのススメです。

 

手作りごはんは、水分をたっぷりとれるので、おしっこがたくさん出て老廃物が溜まりにくい体になるのです。
栄養バランスは?と気になるかもしれませんが、実はそんなに気にしなくても大丈夫です。NG食材にさえ気をつけていれば、誰にでも簡単に始めることができます。

 

猫に食べさせてはいけない食材

 

ネギ類
長ネギ、タマネギ、ニラ、ワケギ、らっきょう、アサツキなど。加熱料理しても食べられません。

 

「生」のイカ、タコ、エビ、貝類、魚類
加熱調理すれば食べられます。

 

生卵の白身
加熱調理すれば食べられます。

 

アワビ、サザエ、トコブシの「内臓」
特に2~5月のアワビの内臓には要注意。

 

動物や魚の大きな骨、硬い骨、鋭い骨
のどに詰まったり、消化器官に傷をつけます。

 

塩分の多い食事
ただし、少量は必要です。また、多少摂りすぎても水分の多い食事をすれば尿と一緒に排泄されます。

 

香辛料
胃腸や内臓障害の原因になる可能性があります。

 

お菓子
肥満の原因になることがあります。また、塩分が多く含まれている可能性があります。

 

チョコレート
チョコレートの興奮物質が悪影響を及ぼします。

 

お茶やコーヒーなどのカフェイン類
興奮作用が強い物質を含んでいます。大量に与えるのは避けましょう。

 



 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

→ 受付はこちら

 

Ch1 知ってる?猫トーク |