須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

第12回 水が重要な理由は?

 

 

手作りごはんをおすすめする理由は、水をたくさん摂取することができるからです。食べ物を体で吸収したあと、不要なものはおしっことして排泄されます。おしっこをとして出すのに、水分が必要なのです。
ドライフードを食べるけど、あまり水を飲まないという猫は、たくさん水分がとれるように工夫してあげてください。

 

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

→ 受付はこちら

 

Ch1 知ってる?猫トーク |

2008年8月22日 (金)

第11回 とろ~り煮干し丼

 

今回は、猫の大好きな、風味のあるとろみを加えた料理です。
誰でも簡単にできますので、ぜひお試しください。

 

 

材料
・煮干し
・かつお節
・ブロッコリー
・ニンジン
・大根
・水とき片栗粉
・白米

 

調理方法
1.ブロッコリーを細かく切る
2.ニンジンと大根をすり下ろす
3.煮干しとかつお節を鍋で水から煮出す
沸騰したらブロッコリーを加えてしばらく煮る
4.水とき片栗粉を加えてとろみを出したら白米にかける
5.すり下ろしたニンジンと大根を上からかける

 

猫にあげるときは、冷ましてから、よくかき混ぜてください。

 

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

→ 受付はこちら

 

Ch4 簡単!猫レシピ |

2008年8月15日 (金)

第10回 マッサージハンドをつくろう

 

 

猫の体に触れたとき、具合の悪い部分は冷たくなっています。
しかし、飼い主さんの手が冷たいとわからなくなってしまうので、触れたときに具合の悪い部分を見つけやすくなるマッサージハンドをつくります。
マッサージハンドは、手をこすり合わせて、温めることでつくることができます。
ぜひ、今日から試してください。

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

→ 受付はこちら

 

Ch3 試して!猫マッサージ |

2008年8月 8日 (金)

第9回 野良猫を拾ったら その2

 

 

今回は、以前お話しした「野良猫を拾ったら」の続きです。
前回は、健康面についてお話ししたので、今回は、野良猫を迎え入れるにあたっての心構えについてお話しします。

 

猫は環境につく動物なので、家に連れてくると影に隠れて出てこないことがあります。でも、無理に引っ張り出したりしないで、環境になれるまで放置してあげましょう。

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

→ 受付はこちら

 

Ch2 お答え!猫Q&A |

2008年8月 1日 (金)

第8回 猫に多い病気 結石の原因

 

 

最近、猫の病気で多いのが結石症です。
膀胱、または腎臓に感染、炎症があるために結晶が出てくる病気です。多くの方は、尿のpH(ペーハー)のコントロールをしなければならないと思っているのですが、大本の感染、炎症を抑えなければ、結石が出やすい状態が続いてしまいます。
なぜ、炎症が起こっているのかを探って行くことが、とても重要です。

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

→ 受付はこちら

 

Ch1 知ってる?猫トーク |