須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 第37回 肉球を触れるときの注意点 | トップページ | 第38回 繊維たっぷりマグロごはん »

2009年2月25日 (水)

ダイジェスト1 猫の手作りごはんをはじめてみませんか?

須﨑先生は、猫の手作りごはんをオススメしています。

「普通のキャットフードで充分なのに、どうしてそんな面倒なことをするの?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

実は、猫の手作りごはんには、水分をたっぷり摂れるというメリットがあるのです。

 

水分をたっぷり摂ることの大事さについて、次のムービーで詳しく紹介しています。

 

 

第12回 水が重要な理由は?

 

それに、手作りごはんは、そんなに面倒くさいものではありません。

混ぜるだけ、の簡単なものから、

 

第7回 ひき肉豆ちゃごはん

 

人間の料理と一緒に作れてしまうものまでさまざまです。

 

第20回 ブタ肉ヘルシー炒飯

 

まずは簡単なものからチャレンジしてみませんか?

 

■次回予告■

次回は、繊維がたっぷりととれる、猫の手作りごはんを紹介します。お楽しみに。

 

 

■そのほかの猫ごはんのレシピ

第11回 とろ~り煮干し丼

第16回 とろ~りひき肉丼

第25回 サケごはん

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

→ 受付はこちら

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 


ダイジェスト |