須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 第80回 口内炎を完治させたい | トップページ | 第82回 猫に肝油ドロップをあげたい »

2009年12月25日 (金)

第81回 シニア用のごはんはどうですか?

 

 

 

描種:ミックス
性別:女の子
年齢:9歳
去勢・避妊:している
体重:5キロ
病歴:
猫エイズ(発症していない)

下痢(市販の食事を与えると3ヶ月に1回の割合で下痢(少量の血を含む)をしていました。病院で薬(抗生物質)を貰い、与えると3日位で通常に戻っていました。下痢したときの血液検査では肝臓の数値が高かったです。数値が戻れば普通になりました。

現在の食事に変えた、1年半前ほどからは特に病気らしい病気はしていません。たまにウンチの終わりの方で軟便(形はある)をすることがありますが、1~2日程で元に戻ります。

食事:
病院の先生に薦められて、ヒルズのw/dを食べています。ドライと缶(ポーク味)を半分ずつ混ぜて与えています。

 

■質問

現在推定9歳位なので、「食事をシニア等に変えたほうがいいのでしょうか」とかかりつけの獣医さんに聞いたところ、市販のシニアの総合栄養食を与えてくださいと言われました。 自分の気持ちとしては、現在療法食で体調がいいので、シニア向けの療法食があるようならそれにしようかとも思っているのですがどれがいいのか分からない状態です。

 

■何が問題で、どのようにしたいですか?

過去に市販の食事を与えたら定期的に下痢をしていたので、かかりつけの獣医さんが言われる市販の総合栄養食にしたら、また下痢が再発するのではと不安になっております。実際どの食事を与えたらいいのかと迷っています。

2週間位前に、血液検査をしたのですが異常な数値はありませんでした。

 

 

 

 

 

■お答え

別に無理に変える必要はないのではないでしょうか。
調子が悪いのでなければ、特にシニア用に変える必要はないと思います。
詳しくは、ビデオをご覧ください。

 

 

 

 

■次回予告■

次回は、栄養補給に人間用の肝油ドロップをあげたい飼い主さんの質問です。

 

 

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

→ 受付はこちら

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 


Ch2 お答え!猫Q&A |