須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月27日 (金)

第189回 脚の不自由な猫について

 

 

 

描種:雑種
性別:男の子
年齢:3
去勢・避妊:していない
体重:4キロ
病歴:
わかりません
食事:
フリスキーです。

 

 

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

9/20にオスの猫を保護し、家族に迎えました。病院で診てもらったら3歳くらいと言われました。
左の後ろ足が不自由(骨折ではなく、生まれつきだそうです)です。

 

 

 

■何が問題でどのようにしたいですか?

足をひきづるように歩いています(ただ、本人は元気)。このような猫と暮らしていく場合、気をつけることは何でしょうか? まだ、ひきづる足の部分の肉がマメのように少し硬くなってますが、これでOKでしょうか?

 

 

 

 

■お答え

皮がむけて潰瘍になったり化膿したりしなければいいんじゃないでしょうか。できるだけ負荷がかからないようにすればいいでしょう。詳しくはビデオをご覧ください。

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 

Ch2 お答え!猫Q&A |

2012年1月20日 (金)

第188回 猫がかかりやすい病気は?

 

 

 

描種:アビシニアン
性別:女の子
年齢:2
去勢・避妊:している
体重:4キロ
病歴:
なし。
食事:
朝と夜に缶詰だけです。

 

 

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

犬を飼っている友人が「犬種によって罹りやすい病気がある」と言ってました。

 

 

 

■何が問題でどのようにしたいですか?

猫種によって罹りやすい病気ってありますか?

特にアビシニアンがかかりやすい病気があれば教えてください。その対策も教えてください。

 

 

 

 

■お答え

アビシニアンだから特にかかりやすいという病気はありませんが、猫がなりやすいという病気はあります。詳しくはビデオをご覧ください。

 

 

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

 

→ 受付はこちら

 

 

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 

Ch2 お答え!猫Q&A |

2012年1月13日 (金)

第187回 野良ネコを病院に連れていきたい

 

 

 

 

描種:雑種
性別:男の子
年齢:2
去勢・避妊:している
体重:4キロ
病歴:
尿結石(7ヶ月前に完治)
食事:
カリカリと缶詰

 

 

 

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

保護した野良猫を一度病院に連れて行き、検査を受けさせたい。

 

 

 

 

■何が問題でどのようにしたいですか?

保護して半年ほど経過します。自分が引っ越しする際に一緒に連れてきました。その際、結構嫌がられ連れてくるだけで大変でした。
夜に保護した事もあり病院には連れて行けず・・・
現在、かなり慣れていますが、キャリーに入れたくても抱っこさせてくれず。
なかなか病院に連れていけません。
うまく捕まえて連れていく方法はありませんか?

兄弟の猫を保護したので2匹います。
1匹は結構警戒心が強いです。
今のところ2匹とも元気にしている様子です。

 

 

 

 

■お答え

洗濯ネットに入れて、そのままキャリーバッグで連れて行く、としてはいいのではないでしょうか。詳しくはビデオをご覧ください。

 

 

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

 

→ 受付はこちら

 

 

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 

Ch2 お答え!猫Q&A |

2012年1月 6日 (金)

第186回 尿結石用のごはんはずっと続けるの?

 

 

描種:ロシアンブルー
性別:女の子
年齢:7
去勢・避妊:している
体重:4キロ
病歴:
尿結石(7ヶ月前に完治)
食事:
ロイヤルカナンPH2とキドニーケアストルバイトケア

 

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

尿結石用のご飯は尿結石が治っても食べ続けたほうがいいのでしょうか。

 

 

■何が問題でどのようにしたいですか?

今、ロシアンブルーの雌、7歳と、ペルシャの雄、3歳が1年前に尿結石と診断されて、3ヶ月ほどで完治したのですが、お医者様より予防のためとのことで、尿結石用のご飯を、一生食べ続けたほうがいいとのことで、食べさせているのですが、猫は腎臓が弱く、腎臓のことを考えると、いつまでも尿結石用のご飯を与えるのはよくないと友達より聞きましたが、尿結石が治ったらあまり与えないほうがいいのでしょうか。

 

 

■お答え

尿結石用のフードはpHのコントロールをして、おしっこをさせるためにナトリウムを含んでいます。詳しくはビデオをご覧ください。

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

→ 受付はこちら

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

Ch2 お答え!猫Q&A |