須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 第232回 猫の発情期対策 | トップページ | 第234回 猫の腸内環境を整えたい »

2013年1月25日 (金)

第233回 猫をひざに乗せたい

 

 

 

描種:スコテッシュフォールド
性別:女の子
年齢::1
去勢・避妊:している
体重:3キロ
病歴:
特に無し
食事:
主食はドライフードですが、ウェットな缶詰を夜のみ別皿で少々。

 

 

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

ペットショップで9か月まで成長したスコテッシュの女の子ですが、3か月経過して頭をなでる行為や、ブラッシングなどの行為は許してくれるのですが膝に乗せたり両手で抱き上げる行為は異常に拒みます。猫の性格によっては、抱っこ嫌いもいると思いますが抱っこはダメでも、膝に乗せられるようにするにはどうしたらいいですか?

 

 

■知りたいことは何ですか?

臆病なので爪切りを病院でするとストレスになりそうです。
できれば自分でしたいのですが、膝に乗せる事ができないので、無理な体制になり手を持たれるとどうしても怖がって爪を切るどころではありません・・・

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 


Ch2 お答え!猫Q&A |