須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月22日 (金)

第237回 うちの猫、食欲がありすぎます

 

 

描種:ミックス
性別:女の子
年齢:14
去勢・避妊:している
体重:3
病歴:
なし

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

たいした質問ではないのですが、ちょっと気になることがあって質問いたします。
我が家の愛猫は14歳という高齢ですが、これまで大した病気はしてきませんでした。
ただ、ちょっと体が小さくて、体重も一番重い時で3.4kgくらいでした。
歳とってきて現在は3kgくらいです。
この愛猫が夏以降、とても食欲があるのです。

通常の食事(缶詰とカリカリ)を完食したあと、すぐにおかわりをほしがります。
これまであまりこういったことはありませんでした。
食欲旺盛なのはいいことだと思うのですが、こんなに高齢でこんなに食欲旺盛でなにか問題はないでしょうか?

 

 

■知りたいことは何ですか?

食欲旺盛のわりにはまったく体重は増えません。
これは問題ないでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 

Ch2 お答え!猫Q&A |

2013年2月15日 (金)

第236回 猫の寄生虫を薬なしで除去したい

 

 

 

描種:雑種
性別:男の子
年齢::5
去勢・避妊:していない
体重:5キロ
病歴:
皮膚病 外耳炎、交通事故で骨盤骨折 寄生中、膀胱炎、猫エイズ(+)

食事:
猫缶、ドライフード、牛乳、猫ウエットのパウチ、2012年8月頃より、猫缶、鶏のガラで、だしをとり、 須崎先生の野菜たっぷりおじや、栄養スープの素、本葛のとろみをつけて、まぐろのふりかけ、いわしのおやつ、マジカルパウダー、ミツバチ花粉、フィッシュオイルEXをご飯にトッピングドライフード、ヤギミルク、口内ケアーで、歯周病対策エキス、猫用乳酸菌パウダー、重金属対策用デトックスサプリ

 

 

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

寄生虫を排除する方法、サプリメントはありますか。

 

 

■知りたいことは何ですか?

寄生虫のお薬で、ドロンタールを以前は、当たり前のように、使っていましたが、須崎先生のホームページを拝見するようになり、本当に、ペットの健康を思うように、心が、目覚めました。!!
お腹の中の、寄生虫だけが死に体が、悪影響が無いはずがないと考えるようになり、お薬を使わずして、排除したいのです。宜しくお願いたします。

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 

Ch2 お答え!猫Q&A |

2013年2月 8日 (金)

第235回 猫の血液検査について

 

 

 

描種:ミックス
性別:女の子
年齢::1
去勢・避妊:している
体重:3キロ
病歴:
栄養失調 猫かぜ(慢性鼻炎) 耳ダニ 消化不良 肝疾患
鼻炎の治療のために抗生剤を1か月ほど服用しました。現在は症状はおさまっています。
普段の食事 : 肝臓用療法食 一般食のレトルト少量
食事:
鶏肉を中心とした手作り食です。

 

 

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

出産直後に子猫とともに遺棄されていたのを保護しました。栄養状態が大変悪く、猫かぜもこじらせておりました。体調が快復し、体重も増えたので避妊手術を受けるための血液検査をしたところALTのみ600近くありました。他の数値は全て正常値でした。
飲み薬と療法食で、1ヶ月後の現在280台まで下がってきました。

 

 

■知りたいことは何ですか?

ALTのみ高い場合の原因として何が考えられるのでしょうか?
肝機能が正常値でも療法食を食べさせ続けなければならないものでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 

Ch2 お答え!猫Q&A |