須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月26日 (金)

第243回 猫のおしっこが出にくい

 

 

 

描種:アメショの雑種
性別:男の子
年齢::2
去勢・避妊:していない
体重:3キロ
病歴:
*歯周病
*腰の麻痺(おしっこが出にくくなってます。徐々に進行していく可能性有りだそうです)
食事:
獣医師さんから買っているキャットフードをお湯を少し入れてふやかしたものをあげています。
以前脱水状態が続いたのと今歯が抜けているので水分兼やわらかいものをあげたくてあたえています。

 

 

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

おしっこが出やすくするには

 

■知りたいことは何ですか?

獣医さんに事故か虐待で腰に麻痺が有り、おしっこが出づらいと言われました。腰を暖めていますが、あんまりおしっこが出ている様子がありません。動物病院にいって出してもらう事が多いです。どうすればもっと出るようになりますか?

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 

Ch2 お答え!猫Q&A |

2013年4月19日 (金)

第242回 猫が歯石を飲んじゃった

 

 

 

描種:ラグドール
性別:男の子
年齢::3
去勢・避妊:している
体重:5キロ
病歴:
ストラバイト結石・突然の体重低下
食事:
病気をきっかけに手作り食

 

 

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

猫の歯石がはがれて飲み込んだようなのですが、体にどんな影響があるのでしょうか?

須崎動物病院の歯磨きセットで歯磨きを続けているのですが、なかなか歯茎の炎症が治まらないでいました。歯石が気になるくらいあるので、そのせいかと思い二度ほど地元の動物病院で取ってもらおうとしたのですが「3才で全身麻酔をしてまで歯石をとるのは、体への負担を考えてオススメしない」と除去してもらえませんでした。
その後も地道に歯磨きを続けています。
今日の歯磨き時に気付いたのですが、いつも気になっていた歯石の一部が歯一つ分くらいはがれていました。多分飲み込んでしまったのではないかと思っています。本猫の体調はいたって普段どおりで、むしろ歯茎の炎症も治まってきたようにすらみえるのですが、歯石は菌のカタマリであり飲み込むと危険であるらしいと地元の動物病院のHPにありました。
猫は元気にしています。が、歯石を飲み込んだ時に猫の体に起こり得る可能性がある事と、歯周病対策(歯磨きを続ける・マウスリセットを大量投与するなど)時に自然に歯石がはがれるケースがあるのか?知りたいです。

 

■知りたいことは何ですか?

猫は今のところ元気にしているようなのですが、私の不安と疑問を解決したいです(すみません)。

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 

Ch2 お答え!猫Q&A |

2013年4月12日 (金)

第241回 猫の腸内環境を整えたい

 

 

 

描種:雑種
性別:男の子
年齢::5
去勢・避妊:している
体重:4キロ
病歴:
特にありません。
食事:
鶏肉を中心とした手作り食です。

 

 

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

腸内環境の整え方について知りたいです。
腸内環境を整えると、どのようなメリットがありますか?
また、腸内環境を整えるためには、普段の食事において どのような点に気をつければいいですか?
積極的に摂取した方がいいもの、できるだけ摂取を控えた方がいいものなど、教えてください。

 

■知りたいことは何ですか?

飼い猫が普段から便秘がちなので、腸内環境を整える必要性を感じています。

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 

Ch2 お答え!猫Q&A |