須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月27日 (金)

第264回 老齢猫の緑内障どうする?

 

 

 

描種:雑種
性別:女の子
年齢:20以上
去勢・避妊:している
体重:3キロ
病歴:
腎臓
食事:
老猫用ドライフードのみ(かつおぶしを上にかけて)

 

 

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

推定23才です。年末から目が見えなくなってしまいました。病院で緑内障かもしれないが痛みはないし老齢なのでそのままにしておきましょうと言われました。
最近左目の下が充血してきて少し目が大きくなった気がしますが、本当に痛みはないのでしょうか。
耳も目も不自由ですが、痛そうなそぶりは今のところ見えず、ごはんも十分食べ水も良く飲みうんちも毎日出ます。寝ていることが多いですがあちこちぶつかりながら部屋を歩いています。現状痛みはないと思われますか。
このままほおって置くとどうなりますか。

 

■何が問題でどのようにしたいですか?

痛みさえなければ、このまま穏やかに過ごしてもらいたいのです。猫のために最善と思われることはなにかご意見をいただけないでしょうか。

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 

Ch2 お答え!猫Q&A |

2013年12月20日 (金)

第263回 猫エイズ感染について

 

 

 

描種:雑種
性別:男の子
年齢:5
去勢・避妊:していない
体重:7キロ
病歴:
なし
食事:
昨年11月に4日間嘔吐を繰り返しましたが原因不明と言われました。
人工観葉植物を齧った跡があり、そのくらいしか原因が思い当たりません。
その他に病歴はありません。
普段の食事 :猫缶詰とドライフードを半々くらいにあげています。
太り過ぎなので1日約250kcalです。
水容器からあまり飲まないので、猫缶詰に水を40cc位入れています。

 

 

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

猫エイズの感染について

 

■何が問題でどのようにしたいですか?

はじめまして。 母猫がエイズキャリアなので、エイズ陰性の子供猫とは隔離しています。 母猫の食べ残したドライを子供猫が食べてしまいました。 母猫のエイズが発症しているかどうか不明ですが、少し口内炎があり唾液は多目で臭いも強いです。 食べ残したドライにも食器にも唾液が付いていると思いますが、血液を介するだけでなく唾液を介してもエイズが感染すると読んだ事があります。 もし感染していた場合には、どの位日数が経過すれば検査で判明するのでしょうか? 私の不注意で感染したのではないかと気がかりです。 どうぞご回答をよろしくお願いします。

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 

Ch2 お答え!猫Q&A |