須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 第290回 猫の下痢が治らない | トップページ | 第292回 猫の口臭が気になる »

2014年9月19日 (金)

第291回 猫が胃液のようなものを吐きます

 

 

 

描種:黒ネコ
性別:男の子
年齢:3
去勢・避妊:している
体重:4キロ
病歴:
特になし
食事:
ささみ、魚缶詰、ドライフード

 

 

 

質問:

■何が問題でどのようにしたいですか?

お世話になります。
1日に2回ほど吐きます。食べたものははかず、空腹時に、透明の薄いピンク色の胃液の様な液体を吐きます。一時は治ったんですが最近又再発しました。食欲はやや少なめになりますが、よく吐く時はあまり積極的に遊びません。
私の場合、基本的に西洋医学の大半を否定的に見ているので薬、ワクチンは受け入れない方針です。
どのように対応すればよろしいかアドバイスお願いします。

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 


Ch2 お答え!猫Q&A |