須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 第291回 猫が胃液のようなものを吐きます | トップページ | 第293回 猫のうんちがおかしい »

2014年9月26日 (金)

第292回 猫の口臭が気になる

 

 

 

描種:日本猫
性別:女の子
年齢:5
去勢・避妊:している
体重:4キロ
病歴:
特にありません。
食事:
魚の缶詰、ドライ、茹でたササミ、レタス

 

 

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

口臭の問題です。

 

■何が問題でどのようにしたいですか?

4匹の猫がいますが、1匹だけ非常に口臭がきついのです。そして歯の付け根部分の歯茎が少し赤くなっているように見えます。それ以外は元気で食欲もあり問題ありません。 将来悪化して大事になる可能性はあるでしょうか?歯周病などの病気でしょうか? 唾液が手に少しついただけで大変臭いです。他の猫はさほど気になりません。どのような治療をすべきかアドバイスお願いいたします。

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

 

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。


Ch2 お答え!猫Q&A |