須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 第310回 なんでも食べられる猫にしたい | トップページ | 第312回 手作りごはんで猫が太る »

2015年5月 1日 (金)

第311回 猫の下痢が治らない

 

 

 

描種:アメリカ生まれの雑種
性別:男の子
年齢:13
去勢・避妊:している
体重:5キロ
病歴:
甲状腺機能亢進症
食事:
ヒルズy/d

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

前略、ご多忙中に厚かましくメールさせて頂き大変申し訳ございません。 うちの猫について教えて頂きたいのですが、2年前頃から甲状腺機能亢進症を患っており、現在ヒルズy/d食事療法を行っております。
お陰様で体重も少し増え症状も落ち着いておりますが、下痢だけが治りません。殆ど毎日下痢便です。
それでこの下痢を治すのに下痢止め、又は整腸剤などは与えてみようかと思うのですがヒルズの食事療法との兼合いはどうなんでしょうか?
余計な物で又甲状腺数値が上がるのも心配ですので、もし宜しければアドバイスを頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。

 

 

 

描種:アメリカ生まれの雑種
性別:男の子
年齢:13
去勢・避妊:している
体重:5キロ
病歴:
甲状腺機能亢進症
食事:
ヒルズy/d

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

前略、ご多忙中に厚かましくメールさせて頂き大変申し訳ございません。 うちの猫について教えて頂きたいのですが、2年前頃から甲状腺機能亢進症を患っており、現在ヒルズy/d食事療法を行っております。
お陰様で体重も少し増え症状も落ち着いておりますが、下痢だけが治りません。殆ど毎日下痢便です。
それでこの下痢を治すのに下痢止め、又は整腸剤などは与えてみようかと思うのですがヒルズの食事療法との兼合いはどうなんでしょうか?
余計な物で又甲状腺数値が上がるのも心配ですので、もし宜しければアドバイスを頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。


Ch2 お答え!猫Q&A |