須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 第315回 猫に腹巻きは必要? | トップページ | 第317回 猫が歯ぎしりをします »

2015年6月 5日 (金)

第316回 甘えん坊の猫をどうする?

 

 

 

描種:ミックス
性別:女の子
年齢:1
去勢・避妊:している
体重:2キロ
病歴:
特になし
食事:
市販のドライフード&缶詰

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

昨年12月に野良猫の姉妹(2匹)を保護しました。1月の中旬に2匹とも避妊手術をしました。もうすぐ1歳位です。

 

■何が問題でどのようにしたいですか?

リラックスしているとき、甘えん坊の性格の子がもう1匹のおっぱいを欲しがります。吸 われる方は、大抵嫌がって逃げますが、諦めて、されるがままになっていることもあります。
避妊手術後でお腹の毛が生えそろっていないので、乳首がよく見えるのですが、赤くなっていてなんだかかわいそうです。
双方にとって、このまま放っておいてよいのでしょうか?
因みに、出したご飯は大体食べますし、おやつのペット用煮干しも大好きでポリポリと食べています。

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。


Ch2 お答え!猫Q&A |