須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 第318回 猫の腫れ、腹水を良くするには | トップページ | 第321回 猫がベッドに来ない »

2015年7月 3日 (金)

第319回 猫のダイエット

 

 

 

描種:雑種 三毛タビー
性別:女の子
年齢:1
去勢・避妊:している
体重:4キロ
病歴:
膀胱炎 結膜炎 口内炎 猫風邪
食事:
ドライフードが主食、1週間前から手つくりごはんに移行中

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

体重の増加が止まらない。2ヶ月前に4.3キロで病院からヒルズのメタボリックスを出され2ヶ月試したが4.4に増え、1週間前から須崎先生の手つくり猫ごはんのダイエットレシピに変更しさらに4.5キロに増えもうどうしていいのか分からない。
いつも食べ物を探していてかわいそうで、ストレスが心配。運動も1日20分くらいは一緒に遊んでます。階段などで。
一軒家二階建ての室内飼です。

 

■何が問題でどのようにしたいですか?

ダイエットを成功させたい
食べ物の執着から開放してあげたい。

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。


Ch2 お答え!猫Q&A |