須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 第321回 猫がベッドに来ない | トップページ | 第323回 アメリカンショートヘアがかかりやすい病気は? »

2015年8月 7日 (金)

第322回 猫にあげる水の温度

 

 

 

描種:雑種2匹
性別:女の子
年齢:6
去勢・避妊:している
体重:5キロ
病歴:
ありません。
食事:
カリカリだけをあげています。

 

質問:

■知りたいことは何ですか?

姉妹猫2匹と暮らしています。私が風呂に入るとついてきて、湯船の水を飲みます。

 

■何が問題でどのようにしたいですか?

以前、本で猫はなかなか水を飲まない動物で、できるだけ水をのませたほうがいいと書いてあるのを見ました。
姉妹猫2匹は風呂の水はよく飲みますが、ご飯横の水はあまり飲みません。
ご飯横の水も風呂のように温かくして飲ませてもいいのでしょうか?
また温かい水を飲ませても問題ありませんでしょうか?

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。


Ch2 お答え!猫Q&A |