須﨑先生のプロフィール

須﨑恭彦。獣医師、獣医学博士。須﨑動物病院院長。1969年生まれ。食事療法や、マッサージなどを駆使し、体質改善、自然治癒力増強を目標とした、薬を使わない動物医療を展開している。


須﨑動物病院

ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ
ペットホテル 東京 世田谷区 フィルウ

■RSSを表示する

■このブログをマイリストに追加


« 第329回 去勢したのに猫がスプレー行為をする | トップページ | 第331回 避妊した猫は病気にかかりにくい? »

2015年10月15日 (木)

第330回 猫の結膜炎

 

 

 

描種:ミックス
性別:男の子
年齢:13
去勢・避妊:している
体重:5キロ
病歴:
尿結石
爪の部分に腫瘍らしきものがありましたが切除しました。
結膜炎 普段の食事 :
食事:
基本はドライフードです。
時々、手作りを食べさせています。

 

質問:

■知りたいことはなんですか?

たびたび結膜炎になります。

■何が問題でどのようにしたいですか?

たびたび結膜炎になります。 10歳くらいはならなかったのですが、10歳を過ぎたあたりから、よく結膜炎になるようになりました。 病院で診てもらうと治るのですが……。それでも1年に1回くらいなります。原因は何が考えられますか? また結膜炎予防に良いことがあったら教えてください。

 

先生への質問を募集しております。
猫に関することからプライベートなことまで、なんでもご質問ください。
ご質問には、ビデオでお答えしていきます。

 

 

 

→ 受付はこちら

 

※注意!

質問へのお答えには時間がかかります。緊急と思われるときは、お近くの獣医師さんにご相談ください。


Ch2 お答え!猫Q&A |